新型コロナウイルスに関する重要なお知らせ

いつもキャバキャバをご利用いただき、誠にありがとうございます。
新型コロナウイルス感染症に罹患された皆さま、および関係者の皆さまに、謹んでお見舞い申し上げます。
新型コロナウイルス感染拡大を予防する様々な取り組みがなされる中、ナイトワーク業界においてもお客様やスタッフ、キャストさんの安全を第一に考え、また政府や自治体からの指針や発表を受け、営業を自粛しているお店がございます。それに伴いご応募いただいても返信が遅延またはなかったり、ご希望の体入・面接日にご対応頂けない場合がございますのでお知らせいたします。
求職者の皆さまにはご不便をお掛けしますことを心よりお詫び申し上げますと共に引き続きのご理解とご協力をお願い申し上げます。
ご不明点などございましたら、サポートLINEよりお気軽にお問い合わせください。

《 感染を拡大させないために一人ひとりが今すぐできる対策を 》

新型コロナウイルスに関する重要なお知らせ

いつもキャバキャバをご利用いただき、誠にありがとうございます。
新型コロナウイルス感染症に罹患された皆さま、および関係者の皆さまに、謹んでお見舞い申し上げます。
新型コロナウイルス感染拡大を予防する様々な取り組みがなされる中、ナイトワーク業界においてもお客様やスタッフ、キャストさんの安全を第一に考え、また政府や自治体からの指針や発表を受け、営業を自粛しているお店がございます。それに伴いご応募いただいても返信が遅延またはなかったり、ご希望の体入・面接日にご対応頂けない場合がございますのでお知らせいたします。
求職者の皆さまにはご不便をお掛けしますことを心よりお詫び申し上げますと共に引き続きのご理解とご協力をお願い申し上げます。
ご不明点などございましたら、サポートLINEよりお気軽にお問い合わせください。

感染を拡大させないために
一人ひとりが今すぐできる対策を

ボーイ・黒服求人情報

注目の求人エリア
京都府のナイトワーク事情
【京都エリアのキャバクラ求人】

面積が約4600平方キロメートルの京都府は、全国的に見ると真ん中よりやや下の大きさとなっているエリアですが、それでも東京都の2倍以上はあります。上京区や下京区といった京都の中心エリアを歩くとそれほど広くない印象を受けますが、京都府北部にある京丹後や舞鶴は日本海に面しており、想像以上に広い範囲を占めています。

ただ、京都と聞いて思い浮かべるイメージを作っているのは、碁盤の目状に整理された中心エリアでしょう。京都の玄関口である京都駅は下京区にあります。下京区には浄土真宗派と真宗大谷派の大きなお寺がありますし、水族館もあるため、家族連れでも楽しめます。下京区は昼向けの観光や遊び場として最適ですが、京都の夜に大人が遊べる場所と言えば祇園エリアです。祇園は東山区にある歓楽街の総称です。鴨川を挟んで東側に位置しており、祇園四条駅を降りてすぐのところにあります。祇園は古風な花街ですが、現代的なキャバクラのお店も多く営業しています。

京都のキャバクラは祇園に多いですが、鴨川の西側にある中京区の鍋屋町にもお店があります。お店のタイプも手頃な価格で遊べるところから、高級志向のところまで様々なので、自分の希望に合った求人が見つかりやすいエリアと言えます。

【京都エリアのキャバクラ求人に応募する女性の特徴】

京都エリアのキャバクラ求人に応募する女性は年齢もタイプも様々です。「お金が欲しいという理由だけで働くなんて…」と遠慮してしまう人が多いですが、キャバクラは高収入であることがメリットなので大丈夫。ここでは、京都エリアのキャバクラ求人に応募する女性の特徴をご紹介します。

■学生・お小遣い目的

大学生など青春真っ盛りの女の子は、日々忙しい中でオシャレもしたい、遊ぶお金もほしい、旅行も行きたい、でも、授業もあるしレポートもある…手っ取り早くお金を稼げる方法を求めています。コンビニで時給1000円で働くところが、キャバクラ求人募集では何倍もの金額が書かれています。そのため、キャバクラで働いたことがない若い学生の女の子も積極的に応募している傾向にあります。

■OL・兼業で貯金目的

20代前半のOLさんは、そこまでお給料をもらえません。手取りだと20万円をきっていたり、派遣社員なら尚更です。家賃や食費等をひいたら手元に残るのはほんのわずかです。欲しいものも、行きたいところもある、それに貯金できずにいるのも不安…そういう方が、昼間の仕事が終わり、夜の少しの間で稼ごうと思い京都エリアのキャバクラ求人に応募しています。
京都府のナイトワーク事情

【京都エリアのキャバクラ求人】

面積が約4600平方キロメートルの京都府は、全国的に見ると真ん中よりやや下の大きさとなっているエリアですが、それでも東京都の2倍以上はあります。上京区や下京区といった京都の中心エリアを歩くとそれほど広くない印象を受けますが、京都府北部にある京丹後や舞鶴は日本海に面しており、想像以上に広い範囲を占めています。

ただ、京都と聞いて思い浮かべるイメージを作っているのは、碁盤の目状に整理された中心エリアでしょう。京都の玄関口である京都駅は下京区にあります。下京区には浄土真宗派と真宗大谷派の大きなお寺がありますし、水族館もあるため、家族連れでも楽しめます。下京区は昼向けの観光や遊び場として最適ですが、京都の夜に大人が遊べる場所と言えば祇園エリアです。祇園は東山区にある歓楽街の総称です。鴨川を挟んで東側に位置しており、祇園四条駅を降りてすぐのところにあります。祇園は古風な花街ですが、現代的なキャバクラのお店も多く営業しています。

京都のキャバクラは祇園に多いですが、鴨川の西側にある中京区の鍋屋町にもお店があります。お店のタイプも手頃な価格で遊べるところから、高級志向のところまで様々なので、自分の希望に合った求人が見つかりやすいエリアと言えます。

【京都エリアのキャバクラ求人に応募する女性の特徴】

京都エリアのキャバクラ求人に応募する女性は年齢もタイプも様々です。「お金が欲しいという理由だけで働くなんて…」と遠慮してしまう人が多いですが、キャバクラは高収入であることがメリットなので大丈夫。ここでは、京都エリアのキャバクラ求人に応募する女性の特徴をご紹介します。

■学生・お小遣い目的

大学生など青春真っ盛りの女の子は、日々忙しい中でオシャレもしたい、遊ぶお金もほしい、旅行も行きたい、でも、授業もあるしレポートもある…手っ取り早くお金を稼げる方法を求めています。コンビニで時給1000円で働くところが、キャバクラ求人募集では何倍もの金額が書かれています。そのため、キャバクラで働いたことがない若い学生の女の子も積極的に応募している傾向にあります。

■OL・兼業で貯金目的

20代前半のOLさんは、そこまでお給料をもらえません。手取りだと20万円をきっていたり、派遣社員なら尚更です。家賃や食費等をひいたら手元に残るのはほんのわずかです。欲しいものも、行きたいところもある、それに貯金できずにいるのも不安…そういう方が、昼間の仕事が終わり、夜の少しの間で稼ごうと思い京都エリアのキャバクラ求人に応募しています。