実は断っても大丈夫!?アルコールが苦手な方でもボーイが務まるマル秘テクニック集/ブログ ボーイ・黒服求人情報

実は断っても大丈夫!?アルコールが苦手な方でもボーイが務まるマル秘テクニック集

実は断っても大丈夫!?アルコールが苦手な方でもボーイが務まるマル秘テクニック集

0
更新:2020.04.28 作成:2020.05.19

実は断っても大丈夫!?アルコールが苦手な方でもボーイが務まるマル秘テクニック集

『ボーイの求人に応募してみたいけど…アルコール苦手だしな…どうしよっ…。』

なんて応募の前から心配になっている方も多いのでは?!

ボーイの仕事は未経験だ!これから応募しようと思っている!という方は特にそうですよね…。

今回はそんなアルコールが苦手なあなたでもキャバクラのボーイとして立派にやっていける為のコツを大公開しちゃいます♪

必ず役に立つので最後まで読んでみましょう!

 

《断るのも勇気!上手にアルコールを回避するマル秘テクニック》

結論!ボーイはアルコールが苦手でも十分務まりますのでご安心ください!

実は…飲まない方が仕事に集中できてミスも少なく周りからは“信頼され評価につながる”!なんてケースもあるくらいなんですよ!

ただしキャバクラというお店上、お客さんはお酒と会話を楽しむ為に訪れているので、お酒を楽しんでいるお客さんの邪魔をするのはもちろん良くないですよね!

ここでは急にアルコールを勧められたときに、場の雰囲気を乱すことなく上手に回避するコツと方法をお伝えしていきます!

 

体質的に呑めない…

これは鉄板の断り文句ですね!実際にお酒をグラスで半分飲むだけでも呼吸を乱して倒れる人がいるくらいです…。

特に、日本人はお酒が飲めない人の割合というのが多いです!

このような体質的にお酒が飲めない場合におすすめしたいのは、お客さんに正直に飲めないことを伝えることですね!

何か理由をつけて1回はしのげるかもしれませんが、長くお付き合いのあるお客さんから誘われた場合には、毎回理由をつけるわけにもいかないですよね…。

今後のためにも一番はじめに正直に話したほうがよいでしょう!

 

※ワンポイントアドバイス!

ただ断るだけではなく…例えば!『過去にグラス一杯で倒れちゃって目が覚めて気づいたら…病院のベッドでオムツをはかされて寝かされてたんですよ!笑』

というように笑える鉄板トークを準備しておけば、アルコールも上手に断れてその場を盛り上げることも出来ます!優秀なボーイの対応といえるでしょうね!

 

仕事中だから飲めないことを伝えてみる!

仕事をしているからということをアピールしてみる方法ですね!

お酒を飲むと、業務で迷惑をかけることをやんわりと伝えてみましょう!

もしくは、『一度ゆっくりとお酒を飲みながら〇〇社長のお話しを聞いてみたいと思っていました!…是非プライベートで連れていって下さい!』というようなことを伝えてみると可愛げもあって仲良しになれるかもしれませんね♪

 

実は、体調が良くなくて…

実は断っても大丈夫!?アルコールが苦手な方でもボーイが務まるマル秘テクニック集

今日は体調が良くないのでアルコールは控えていることをアピールする方法ですね。

ただし注意したいのが、顔見知りのお客さんには何度も同じ方法が使いにくいということですね…。

この方法は上手にお客さんを選んだ方が良さそうですね!

 

服用している薬がアルコールNGなんです!

実は断っても大丈夫!?アルコールが苦手な方でもボーイが務まるマル秘テクニック集

世の中には、体調とは別にアルコールとの相性が悪いという薬が沢山あります。

そしてそのような薬とアルコールの併用は危険を伴うケースが結構あるんです!

そのような薬を飲んでいるから飲めないことを伝えてみましょう!

そのうえで、『へぇ~、なんの薬を飲んでるの?』と不意に聞かれた際は、『アレルギーの薬なんですよ…!』と伝えるのが無難でしょう!

 

この後に大事な予定がありまして…

仕事が終わった後に大事な用事があることや、翌朝から用事があることをやんわりと伝えてみることです!

この場合も、次回同じ方法が使いにくいということを忘れてはいけませんね!

お客さんをみて言葉を選ぶ必要があるでしょう…!

 

飲酒運転になってしまいます…

キャバクラのボーイの場合だとかなり現実的で有効なパターンですね!

実際に、キャストの女の子の送迎を行っているボーイは結構多く、お客さんもそのことを大抵の場合は理解しているといえるでしょう!

なのであくまで業務として運転しないといけないことを伝えると、それ以上はお酒を勧めてこないでしょう!

 

どうしても飲まないといけないとき

実は断っても大丈夫!?アルコールが苦手な方でもボーイが務まるマル秘テクニック集

色々な方法をお伝えしましたが、それでもどうしても飲まないといけない状況になるかもしれませんよね…!

…例えば、キャストの繋ぎで飲まないといけない雰囲気の場合や、一杯だけもらって一口飲んだほうがよい場合、というケースもあるかもしれません…。

そのような場合は、一旦席を外してこまめに水を飲むようにしたり、事前に他のスタッフに話しをし助けを求めるなどの対策が必要ですね…!

 

アルコールを回避するマル秘テクニック まとめ

今回は場の雰囲気を壊さずに、上手にアルコールの誘いを回避するコツと方法をお伝えしましたがいかがだったでしょうか?

ボーイはお酒を飲まないといけない…という先入観は解消できたのではないでしょうか!

最後に、お酒を断る時には誘ってくれた相手への感謝の気持ち!これだけは忘れないようにしたいものですね!

 

キャバクラのボーイ・黒服求人バイト情報「キャバキャバ」