キャバクラ黒服(ボーイ)の罰金トラブル対策方法!払えないときはどうすればいいの?/ブログ ボーイ・黒服求人情報

キャバクラ黒服(ボーイ)の罰金トラブル対策方法!払えないときはどうすればいいの?

キャバクラ黒服(ボーイ)の罰金トラブル対策方法!払えないときはどうすればいいの?

0
更新:2020.04.28 作成:2020.08.18
新米黒服 カケル
新米黒服 カケル
ヤバい、遅刻だ! 遅くなってごめんなさい!

「ギリギリアウト。うちの店は5分以上遅刻で罰金発生よ」
キャバ嬢 ユキノ
キャバ嬢 ユキノ

新米黒服 カケル
新米黒服 カケル
マジですか!? 入店してから初罰金だ……そういえばキャバクラの仕事っていくつか罰金があるんだよなあ……

 

 


 

 

キャバクラで課される主な罰金は、「勤務態度による罰金」「担当キャバ嬢のトラブルによる罰金」「風紀違反による罰金」の3パターンです。

これらの罰金トラブルの注意点や、罰金事態を防ぐための対策方法を説明していきましょう。

 

遅刻や当欠など勤怠に関する罰金

キャバクラ黒服(ボーイ)の罰金トラブル対策方法!払えないときはどうすればいいの?

多くのキャバクラでは、スタッフの遅刻や当欠(当日欠勤)に罰金や罰則を設定しています。

一人でも欠けるとお店とお客様の迷惑になるため、黒服・キャバ嬢・キッチンやドライバーなどすべてのスタッフに罰金を定めているお店もあります。

 

勤務態度の悪い黒服はキャバ嬢たちに嫌われやすいので、今後の仕事にも影響が出ます。

バリバリ稼げる黒服になるためにも、当欠だけはしないように心がけましょう。

 

 

【罰金防止のポイント】

お給料の高い人気店ほどスタッフ全体の意識が高く、勤怠にも厳しくなります。中には無断欠勤をしたら即クビという厳しいお店も……。

ダブルワークや学生など、遅刻リスクのある働き方なら、勤怠にシビアなお店は控えた方がいいかもしれません。

求人に「Wワーク歓迎」と書いてある歓迎ムードのお店や、「営業開始◯時間前までに連絡すればOK」などの救済措置を設けているお店なら、誠実な態度で謝れば許してもらえる場合もあるでしょう。

 

担当キャバ嬢がトラブルを起こした場合の罰金

キャバ嬢が大きな問題を起こした場合、担当黒服が責任を負う場合もあります。

とはいえ、キャバ嬢たちのミスをなんでもかんでも背負うというわけではありません。

 

黒服が罰金を求められるようなトラブルの例としては、キャバ嬢が飛んだ(無断で店を辞めた)場合、教育不足でお客様をひどく怒らせた場合など。

黒服がしっかり教育できていれば起こらないようなトラブルは、黒服の責任と見なされる、というわけですね。

 

 

【罰金防止のポイント】

新人さんや年齢の若い方など、プロ意識の芽生えていないキャバ嬢はしっかり様子を見ておくことが重要です。

叱ってばかりいるよりも、褒める・相談に乗るといった行動で好感度を上げる方が、みんな真面目に働いてくれます。

この罰金というペナルティをうまく利用して、「お互い罰金されないように頑張ろうね!」と協力関係の雰囲気を作るのも効果的ですよ。

 

風紀違反・恋愛トラブルに関する罰金

キャバクラ黒服(ボーイ)の罰金トラブル対策方法!払えないときはどうすればいいの?

ナイトワーク業界では、黒服とキャバ嬢の男女交際を「風紀」や「風紀違反」と呼びます。

黒服とキャバ嬢の交際が判明した場合、罰金やクビなどの厳しい罰則は避けられないでしょう。

 

いわゆる『色管理』もほとんどのお店で禁止されており、本気じゃなかったという言い訳は通用しません。

一夜の過ちや身体だけの関係も風紀違反の対象となります。

「これまで優しかった先輩が、一度の風紀違反で鬼の形相になった」という肝が冷える体験談も……。

 

 

【罰金防止のポイント】

風紀違反に関しては、どんな誘惑もひたすらガマンするしか対策方法はありませんね。

風紀違反に対しては高額の罰金を設定しているお店も多く、どれほどいけないことなのか見せしめの意味も含まれた金額設定がされています。

同じ店のキャバ嬢との交際は業界のご法度ですから、風紀だけはキッチリ守りましょう。

 

罰金が高すぎる!罰金を払えないときはどうすればいい?

近年のキャバクラ業界はクリーンな営業理念の店がほとんどです。

一般的なお店では、勤怠関係の罰金は千円〜2万円程度が平均的で、普通の飲食店などと大きな差はありません。

 

その一方で『1分でも遅刻したら罰金20万円』など、極端に厳しすぎる罰金を回収するキャバクラ店もわずかながら存在します。

中には「罰金でいきなり数十万の借金を抱えてしまった」と、誰にも相談できない悩みを抱えてしまう新人黒服さんもいるようです。

 

ですがご安心ください!

やむを得ないミスにも多額の罰金を請求するような店は、悪質な違法店舗である可能性があります。明らかに労働基準法に違反している罰金誓約なら、支払いに応じる義務はありません。

 

キャバクラ罰金の法律違反例

労働基準法では第91条(制裁規定の制限)にて、罰金額は下記のように定められています。

 

【 就業規則で、労働者に対して減給の制裁を定める場合においては、その減給は、一回の額が平均賃金の一日分の半額を超え、総額が一賃金支払期における賃金の総額の十分の一を超えてはならない。】

 

この基準を超える額の罰金は法律違反となります。請求額を確認し計算し、オーバーしているようなら法律を盾に抵抗できます。

また、罰金を払うまで店を辞めさせないというやり口も、風俗営業法18条の2で禁止されていることです。

 

高額罰金キャバクラ店の対策方法

キャバクラ黒服(ボーイ)の罰金トラブル対策方法!払えないときはどうすればいいの?

罰金に関してしつこく脅してくるようなお店には、誓約書や借用書の取り消しを表明する内容証明を送りましょう。

送り方がわからない場合や、なかなか聞き入れてもらえない場合も、キャバクラでのトラブルに対応している行政書士さん・弁護士さんに相談すれば必ず解決できます。

 

これからお店を探すなら、面接の時点でルールや罰金について確認しておくと安心ですね。

初めて勤めるお店が高額罰金を定めていると「そういうものなのかな」と納得してしまうかもしれませんが、法律と照らし合わせながら冷静に対応しましょう。

 

★まとめ★

キャバ嬢 ユキノ
キャバ嬢 ユキノ
「キャバクラはスタッフ全員が真面目に働くことで成り立つ商売。お店を維持するためには、ある程度の罰金が設定されるのも仕方ないことね……」

 

真面目にコツコツ働いていれば、罰金を請求されるようなことはありません。

ルールを守りながら仕事に励みましょう。

 

また、法外な罰金を設定しているキャバクラに入店しないよう、はじめから気をつけておくことが大切です。

 

キャバキャバ®の黒服・ボーイ求人には、営業担当者がリサーチしたうえで厳選した『優良店』のみが掲載されています。

ナイトワーク求人サイト口コミ評価第1位(ゼネラルリサーチ調べ)を獲得している実績があるので、安心して求人に応募できますよ!

 

キャバクラのボーイ・黒服求人バイト情報「キャバキャバ」